カテゴリー: ビジネスモデルキャンバス

【ビジネスモデルキャンバス事例】アマゾンとウォルマートの比較

2020年1月17日(金)に行われたビジネスモデル研究会では、小売業界の世界的企業であるAmazonとウォルマートを比較分析しました。

アマゾンとウォルマートの1番の特徴は実店舗の有無です。

昨今のビジネスモデルでは、実店舗などのリアルアセットをもたない方が良いと言った風潮があります。工場を持たず設計やデザインのみを行うファブレスメーカーなどが好例です。

そんな中、巨大なアセットを持つ、アメリカのスーパーマーケット「ウォルマート」は直近10年で売上高は微増、営業利益は微減となりながらも、営業利益率5.4%(直近10年の平均)という堅牢なビジネスを展開し、2018年1月の年間売上高は過去最高の約5000億ドルとなっています。

一方で、アマゾンはこの10年で売上高が約11.5倍(総売上高 約2328億ドル、2018年)という急成長を遂げています。今世紀初頭には頭角を表した独自のポータルサイトは、ネット通販の先駆けとして、優れた商品検索性や、レビューシステム、レコメンドシステムを有しています。また、アマゾンプライム会員(年間プラン4,900円(税込)、2020年1月現在)という有料会員になると、様々な特典が得られます。翌日配送・送料無料や、アマゾンプライムビデオというプライム会員なら追加料金なしで高画質の映画などが見られるなどなど。

また、アマゾンはAWSなどのIT系のサービスが特徴です。自社のITリソースを分割/販売するという手法で成功しています。

今回のビジネスモデルの比較では、小売という視点で比較をしています。

顧客のJob To Be Doneを「買い物時間がもったいない」と考え、それぞれのビジネスモデルの特徴や差異を議論しました。

下記のビジネスモデルキャンバスは、研究会の時間内で作成した未完成のものとなります。

ぜひ、ご意見等いただけますと幸いです。何卒宜しくお願いいたします。

 

 

2019.10.18ビジネスモデル研究会

今回のビジネスモデル研究会は、過去二回のビジネスモデル研究会で取り扱った「株式会社グローバルエルシード」と「株式会社GA TECHNOLOGIES」のビジネスモデルの持続可能性について「Cambridge Value M… もっと読む »

不動産業界2社のBMC

直近のビジネスモデル研究会では、不動産会社2社を分析しました。 それぞれ、機関投資家向けと、個人投資家向けそれぞれの戦略の違いは、後者はよりプラットフォーム型と言えます。 株式会社THE グローバル 有価証券報告書:ht… もっと読む »