ビジネスモデル研究会(5月19日開催)

参加者同士で意見を交わし、ビジネスモデルを分析する会です。
初めての方、お一人でもお気軽にご参加いただけます。

ビジネスモデル研究会とは

(1) 分析対象の企業を決める
まずは、テーマとする企業を決めます。毎回異なります。

(2) 財務の特徴を分析する
財務上の際立った特徴を分析・共有します。例えば「際立ったコストや投資」、「際立った収益構造」などを見つけます。

*財務分析は、税理士法人ナレッジラボさんにご協力いただいております。

(3) ビジネスモデルキャンバスを描く
財務の特徴をビジネスモデルキャンバス上でどのように描くことができるのか?
「ビジネスモデル」と「財務の特徴」の因果関係を意識しながら、ビジネスモデルキャンバスを描くことで、価値創造と収益が結びついたキャンバスにすることを目標としています。

(4) 比較検討および議論
ビジネスモデルキャンバスを描きながら、
異業種で似たビジネスモデルはないか?
真の顧客は誰か?
価値の源泉や、顧客が何に魅力を感じているのか?
など自由闊達に意見を交わします。

テーマは、ユーグレナです!

今回の分析対象企業は、
世界で初めてミドリムシの大量培養に成功したのが、
日本のベンチャー企業「株式会社ユーグレナ」です。
http://www.euglena.jp/

2005年に設立し、2012年12月マザーズ上場、2014年東証一部に市場変更と、
躍進を続けている企業です。

・株)ユーグレナの有価証券報告書
http://www.kabupro.jp/edp/20161221/S1009CJE.pdf
(株主プロのリンク掲載:リンク先は当団体と一切関係のないサイトです)

ユーグレナとは、ミドリムシのこと。
食料やエネルギー問題をも解決するポテンシャルがあるとして
世界的に、大変注目されています。
街中のポスターやTV CMでご覧になったことがあるかもしれません。

今回は、株式会社ユーグレナの有価証券報告書を読み解きながら、
ネット情報なども参照しつつ、ビジネスモデルを分析します。

*初めてご参加される方へ*

本研究会は、参加者各人にて、テーマ企業の有価証券報告書を閲覧していただき、必要があればネット検索もしていただきます。
そのため、タブレットやノートPCをご用意いただくことをオススメしております。もちろん、お持ちいただかなくてもご参加歓迎です!
(会場は、インターネット無料Wifiをご利用いただけます)

募集情報

タイトルビジネスモデル研究会
講師更田誠(ASTEM 地域産業活性化本部 創業人材育成支援部)、
亀田真司(ASTEM STC3インキュベーションマネージャー)
日程2017年5月19日(金)
時間18:00〜20:00
参加費無料
定員10名程度
申込締切当日まで受付しています
申込方法お問い合わせ・参加お申し込み先
公益財団法人京都高度技術研究所(ASTEM)
創業人財育成支援部 イノベーション創出コミュニティ(STC3)事務局
TEL:075-315-3657
E-mail:stc3office[at]astem.or.jp([at]を@に書き換えて宛先としてください)